スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~個人戦~ ライトノベルの限界と将来性

~個人戦の部~
ライトノベルの限界と将来性


読者の皆様はライトノベル(以下ラノベ)についてどのようにお考えでしょうか? 
一般的な傾向として、ラノベに対しては否定的な意見が多いようです。

ではラノベに関する否定的な意見はどうして出てきているのでしょうか?

まずは「ラノベは子供の読み物」というような一種の偏見があると思われます。
「ラノベは子供の読み物」――というのは多少大げさな表現かもしれませんが、「ラノベは程度の低い娯楽作品に過ぎない」とすればどうでしょう? 
確かに出来の良いラノベであってもその文学性は低いと言わざるを得ないと思います。
修辞技法や、作品のテーマ性、プロットの精巧さ等で、ラノベがいわゆる純文学(ここでは興味本位の大衆出版ではない作品のこととします)に勝るとは思えません。

次に、ラノベから想起されるものとして「オタク文化」があることだと考えられます。
ラノベとオタク文化は切っても切れない関係にあると言えるでしょう。
そのことは、他のジャンルに比べて、挿絵の良し悪しが売り上げに大きく左右される(挿絵だけで買うか否かを決める“イラスト買い”が多いため)ことや、ヒットした作品が高確率でアニメ化されることからも自明であると思われます。
どうもこのオタク文化というものは一般の人々にとって異質で、理解し難い物であるようです。
このことからラノベの否定的イメージに、オタク文化が一役買っていることは間違いないように思われます。
この二点を踏まえるとラノベにはいくつかの限界性のあることが見えてきます。

第一に、やはり文学的にみて素晴らしい作品はできにくいと言う事です。
どれほど出来の良いラノベであってもその文学性は低いと言わざるを得ないと思います。
ラノベの書き手が意識する読者層は10代、20代です。
ですから複雑な修辞技法や比喩を使い、読むほうにもそれなりの力量を要求する純文学よりも、読みやすさを重視する内容の方がニーズに合っているのです。
その結果必然的にラノベの方が作品の文学性は劣ってしまうのは仕方のないことです。

第二に、いくら注目されようともマジョリティにはなり得ないという点です。
ラノベとオタク文化が密接な距離を保つ限り、どうしても多くの人々にとって縁もゆかりもないものとなってしまいます。
オタク文化やラノベに対して一般大衆が理解を示さない限り、ラノベは一部の特定の人々にしか読まれることはないでしょう。
もっとも現在では、ラノベの中でも一般文芸として鑑賞するに足る作品を、一般文芸として売り出す動きもあり、こうした動きが広がれば、ラノベに対する一般の理解が増えるかもしれません。
(その場合、もはやライトノベルというジャンル分けが無意味になるかもしれませんが……)
 
ここまでラノベの限界性を述べてきましたが、それではラノベの長所はなんなのでしょうか? 
それはなんといっても読みやすさでしょう。
ラノベは10代、20代がターゲットとあって、気軽に読める分量の作品がたくさんあります。
また、登場人物の心情等をぼかさず、簡易な表現で正確に描いてくれるので読者の読み違いを防いでくれます。
またラノベは導入部のインパクトが大きい作品が多くみられます。
原因としては、一般に読書に対してすぐ飽きの来る10代、20代の読者のために、小説の世界観にいち早く触れ、おもしろさを感じ取って欲しい、というものがあるからでしょう。

以上がラノベの限界であり長所であります。
ですがここで僕が言いたいのは、そもそも大衆向けの作品を純文学と同じものさしで評価すること自体に無理があるのではないか、ということです。
何故なら、ラノベは娯楽思考を目指す者であるため、文学性といったものは元からあてにされていないからなのです。
文学を読む場合は文学性を求める、それは当然のことです。
何故なら文学というのは文学性が必須なのですから。しかしラノベは違います。
ラノベには娯楽性こそが重要なのです。
ですからラノベには、娯楽性をこそ求めて読むべきではないでしょうか。
少なくともラノベに「文学性が無い」と言って批判するのはお門違いであると思われます。

そういう点では、ラノベはまさに娯楽のための小説ですから、当然娯楽作品として優れたものをもっていると思われます。
何か新しい本が読みたくなったときや、読書はちょっと苦手だという皆様には、最初の数ページだけでも読んでみるのはどうでしょうか。案外、面白く感じられるかもしれません。
食わず嫌いならぬ“読まず嫌い”になって、貴重な出会いを失うことは大変残念なことだと思います。一度、自分の苦手なジャンルの本にも手を出してみるといいことがある……かも?


(ひつじさん)
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
プロフィール

rstiob

Author:rstiob
『洛星図書委員会OB日記』へようこそ!
最低月一回は更新していきたいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。