スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年度ベストブック:N

どうもNです。

いつもならここで愚痴を言うところですが、
今日は何もないのでいきなり本題に参りましょう。

はてさて、すでに先週ひつじさんに書いてもらっていますが
2008年度ベストブックです。

僕の2008年度ベストブックはこれだぁ!(って別にテンションあげる程じゃありませんが)
1:赤朽葉家の伝説
2:ユージニア
3:クビシメロマンチスト
4:こころ
5:葉桜の季節に君を想うと言うこと

……ひつじさんとはまた違った意味でダメ人間だ。
5冊中4冊がミステリーです……。
4冊中3冊が文化祭で扱った本です……。
残りの1冊は学校で扱った本です……。
というふうに回りに流されっぱなしです。自分で選んだ本が……。
でもまあいいや。この5作品が秀作であるのには変わりない。
ということで、それぞれの本を軽く紹介しちゃいましょう!(開き直ってます)

第一位:赤朽葉家の伝説 (桜庭一樹著)
「推理作家協会賞」受賞作品です。
この本は赤朽葉家の万葉・毛鞠・瞳子の三代をめぐる大河小説。
もっとも、語り手は全編瞳子の語り口調であり、万葉や毛鞠から聞いた話を語っているといったスタイルをとっています。
「推理作家協会賞」を受賞しているので、ミステリ要素があるのはもちろんのことながら、それよりも目を引くのは壮大なストーリーです。約80年間のことを一冊にまとめているわけですから、前は子供だった登場人物がいつのまにか大人に――といったように、いろんなところが変化し連鎖し解き明かされていきます。
ホントすごい作品です。

第2位:ユージニア(恩田陸著)
「推理作家協会賞」受賞作品です。
この本は変わった体裁を取っていて、過去におこったある毒殺事件をいろんな人からインタビューしながら、時には新聞記事で、そして時には物語で、解き明かしていきます。
第一章においては毒殺事件について表面的なことしか語られません。
しかし章が進むにつれて次々に見えてくる真相はなかなかぞくぞくするものがあります。
しかもインタビューを受ける人物によって事件に関する見方が変わり、そこがまたいろんな謎を生み出すのが奥深い。
ミステリとしての完成度はかなり高いです。

第3位:クビシメロマンチスト(西尾維新著)
本作は西尾維新が手がける『戯言シリーズ』の第二巻目にあたります。
この本の特徴と言えば、やっぱり主人公いーちゃんの独特の語り口調でしょう。
それは時に哲学であり、時に自然であり、時に破壊であり、時に戯言だったりします。
ホントにすごいです。しかも、森博嗣やら笠井清やら太宰治やら武者小路実篤やらいろんなパロディがあります。
著者本人も述べているとおり結論なんてものはありませんが、この本の中にある哲学的な要素は一読に値するでしょう。
ラノベと侮る無かれ。

第4位:こころ(夏目漱石著)
言わずと知れた名作。
あえて語ることもないでしょう。(というのは言い訳で、単に自分に読解力がないだけです)
まあ、先ほど述べたとおり、現代文の授業で扱っています。
やっぱりすごいのは所々にめぐらされた伏線かな。しかも単に伏線をはるのではなく、《エゴイズムによってあえて曖昧にしている》、といったようにちゃんと意味をもたせているのが漱石先生のすごいところ。
こういうミステリ要素があるのは良いよね(結局それかい……

第5位:葉桜の季節に君を想うということ(歌野晶午著)
「推理作家協(ry
簡単に言えば詐欺師VS名探偵の話。
しかもハードボイルド調です。(といっても僕はハードボイルドが何なのかいまいち解っていませんが)
この本読んでるといろんなことを考えさせられます。お年寄りの方のことやら保険問題のことやら生きることやらなんやら。とにかく強く生きようと思わせてくれる本です。
あと、当然これはミステリーです。なので、最後には衝撃的な事実が明かされます!
衝撃度では上の推理小説3冊を軽く越します。
まあそれは読んでからのお楽しみということでw。

とまあ、以上五冊を紹介したわけですが、いかんせんミステリーだらけなので好みが分かれるところですね……。
来年は(そういえば受験だなあ)、もっと普通の本を増やしていこうと想います。(たぶん……)

ではでは、またの機会に!
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2カウンター
プロフィール

rstiob

Author:rstiob
『洛星図書委員会OB日記』へようこそ!
最低月一回は更新していきたいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。