スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評 『インシテミル』 米澤穂信著

どうもNです。
さてさて、うちの大学では無事試験が終わり、ようやくゆっくりと読書する時間が確保できるようになりました(まあ西医体なるものがあって、そっちで忙しいと言えば忙しいけど)。


今回は、僕も便乗して本の紹介したいと思います。
今回取り上げるのは米澤穂信の『インシテミル』です。


インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
(2010/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る



ストーリのあらすじはと言うと、有体に言えば『そして誰もいなくなった』のオマージュです。つまり人里離れた館に12人の人間が集まり、そこで不可解な殺戮が行われる、といった感じです。ただし『そして誰もいなくなった』と違うのは、ゲーム形式になっているということでしょうか。つまり、このクローズトサークルでは賞金がもらえるのですが、例えば人を殺せば1.5倍に、その犯人を指摘すれば3倍にその賞金が膨れ上がります。これによって無理やりにでも殺人を誘発するような空間を作り出しているわけです。


本作の魅力は何と言っても、タイトル「インシテミル」すなわち「淫してみる」のコンセプトにあると思います。この意味は「ミステリに淫してみる」と言う意味なのですが、その名の通りこの物語の中では数多くのミステリの「お約束」が歪められています。でもそれは誰にとっての「お約束」でしょうか? もちろんミステリマニアにとっての「お約束」です。つまり一般の読者からしたら別に何とも思わない当たり前のことなのです。


この作品の犯人あては、一般読者にとってはミステリの知識がないためにあてることが不可能だし、ミステリマニアにとっては、本来あってもおかしくないのに、「お約束」が歪められているからといって目が行ってしまい、あてることが難しくなってるのです(もっとも今作は本格ミステリというよりはサスペンスですからそんなに犯人あてにこだわる必要はないのかもしれませんが)。そう考えるとやっぱり「慣れ」というものは怖いものです。「普通」の中に「異常」を見出してしまうのですから。それも誤りの「異常」を。やっぱり先入観を持たずにミステリを読むのが一番幸せなことなんだなと、考えさせられる本です。


ストーリー自体は淡々と進んでいく感じですが、この「淫してみる」のコンセプトがとても興味深く読める本だと思います。興味のある方はぜひ。
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
FC2カウンター
プロフィール

rstiob

Author:rstiob
『洛星図書委員会OB日記』へようこそ!
最低月一回は更新していきたいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。