スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栞の帰る場所

危ない危ない、あやうく一月が終わってしまうところでした。というか、もしかしたら国によってはすでに二月に入っているところもあるかもしれませんね。

今さら、というのも変な感じですが、あけましておめでとうございます。今年も図書委員会OB日記をよろしくお願いします。

で、先月の最後に「タブロー、身辺雑記、読んだ本の紹介」を書くと明言してしまったのですが、さすがにもうクリスマスって気分ではないですよね。
えっ、新年のあいさつはいいのかって? まあ、今年初書き込みであることには変わりないんですから、いいんじゃないでしょうか?


年末年始に部屋の掃除をしてて思ったんですが、みなさんは読み終わった本のしおりってどうしてます?
本棚を見てるとあまりにもバラバラで……
最後のページに挟んであるもの、背表紙に沿って垂らしてあるもの、えとせとら、えとせとら。

感覚としては、読み終わったんだったら栞も最後のページにあってしかるべきだと思うのですが、実際には読み終わった後にわざわざそんなことしないんですよね。
というようにいろいろ考えた結果、とりあえず今は暫定的に、次読むときに便利なように、最初のページに挟んでおくことに決定しました。


で、身辺雑記終わって、次は最近読んだ本の紹介、ですか。最近関田さんが仕事しすぎてるせいですごく偏読状態なんですが……
皆川博子の『巫女』という短編集。実は読んだのはたいして最近ではなく、というかかなり前なのですが。幻想ホラーとでもいうべきか、奇妙で、怖くて、心惹かれる、そういう物語が収められています。たぶん、読むと結構な確率ではまります。もし見かけたなら、ぜひ一度手に取ってみてください。学研M文庫とかいうこれまたよくわからない文庫ですが。

ふと思ったんですが、僕、割とおんなじような傾向の本ばっかり紹介してますかね? じゃあ次はちょっと毛色の変わった本をとりあげてみようかな。ただ、こうやって好き放題書いていられるのもそう長くはないかもしれないので、さっさと長岡京完結させるほうが先ですかね。

それでは、また来月。
スポンサーサイト
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
FC2カウンター
プロフィール

rstiob

Author:rstiob
『洛星図書委員会OB日記』へようこそ!
最低月一回は更新していきたいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。