スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~個人戦~ Breakthrough

~個人戦の部~
Breakthrough
―あるいは、我如何にして『ニホンちゃんマニアックス』を買ひしか―



 この月報を読む諸君の中には「哲学の知識ならだれにも負けない」あるいは「ミステリでは右に出る者がいない」という読書家、読書の鬼もいるかもしれない。
そんな人たちの足元にも及ばない僕が果たして人様に何をか言はんや、であるが、一応こうして紙面を割いてもらっているので言いたいことだけ言わせていただく。

 一度、全く何も考えずに雰囲気だけで本を選んでみてほしい。
それもいつもなら絶対に読まないであろう本を。
伊坂幸太郎なんてネーミングセンスのかけらもないとか思っている人は伊坂幸太郎の本を読んでみたりとか、ライトノベルなんてくだらないと思っている人は『文学少女』シリーズに手を出してみたりとか(小説ばっかりなのは気にしてはいけない)。

 というのも検索機能の発達した現代社会においては「知っているか否か」の方が「どれくらい知っているか」に比べてはるかに重要であることが多いからである。
とっかかりとなる言葉さえ知っていれば検索によってある程度の知識が得られるということは、逆に言えば専門的知識を持つことのアドヴァンテージが明白でないということである。

 聞けば読書感想文を既存の文章のつぎはぎで作ってしまうといったことも行われているらしい。
本を読まずに読書感想文が書けてしまうように、詳しく知らなくても一通りのものが作れる時代であれば、一つの分野に特化することは一部の人間以外には必ずしも必要なことではない。
むしろ幅広い分野についてそのさわりだけでも知っておく方が有益ではないだろうか。

 勘違いのないように言っておくと、僕は別に読者諸兄に何でもグーグルに頼るような所謂検索病になることを要求しているのではない。
あと、伊坂幸太郎うんぬんのところは決して実在の人物とは関係ない。
さらに誤解のないように付け加えておくが、僕は『ニホンちゃんマニアックス』を宣伝しているわけではない。
が、もし見かけることがあったら、何かの縁だと思って読んでみるのも一興。


(遊人)
スポンサーサイト

~団体戦~ 『遠い海から来たCOO』

~団体戦の部~
GWに読みたかった本!

はてさて、団体戦の部「GWに読みたかった本!」だ。
え、なんで「読みたかった」にするのかって? 
それをいっちゃあお終いだよワトンソ君。
ようはこれを発行する頃にはGWを過ぎちゃってるってことだよ。
ね、みごとな論理展開だろ?
まあ、ここに書いてある本でも読んでGW中に読めなかったという挫折を味わえということなんだよ。
たぶんね。

おっと一つ言うのを忘れていた。
実際の月報は一行につき19文字だ。
もちろん”(”や”、”が入ると若干ずれて20文字になるがね。
これがどういう意味なのかって?
ふふ、それは「編集後記」までのお楽しみだよ。
ま、お暇な方はこの謎を解いてみるがよい。


『遠い海から来たCOO』 
影山民夫著 (角川文庫)

この作品の舞台はフィジー諸島のパゴパゴ島。
主人公の小畑洋助はラグーンの潮だまりの中に、絶滅したはずのプレシオザウルスの赤ちゃんを発見する。洋助はその赤ちゃんを“クー”と名づけ、育て始めた。
そして始まった少年と恐竜の幸福な時間。
しかし、そんな時間は長くは続かなかった。
平穏を乱すのは水中写真家のキャッシーの訪問と、不審なゾディアックのゴムボート。やがてそれはもっと大きな問題に発展していって……。
この作品の前半は少年とクーの生活を絶妙の語り口で描いています。特にクーの描写は絶妙で、読んでいて可愛げを覚えずにはいられません。
そして後半。クーを脅かそうとする勢力と主人公らの戦いを軸に物語が進みます。主人公が襲撃のプロを相手に互角に戦うシーンは読んでいて爽快です。

私は前半のクーの描写がおススメです。癒されたい時には、丁度いい本だと思います。


(ひつじさん)

新企画?! 『月報制作!』 and 編集前記

どうもNです。
今日は”受験録”をお休みして新しく作った企画について説明します。

新しい企画とはタイトル通り『月報制作!』です。
で、具体的にどういう企画かというと
わが”OBブログ”に図書館月報に載るような記事を書いていき
最終的にそれらをひとまとめにして月報にしよう! 
というものです。

もっとも、発行して皆さんに配ることはできないので、
身内だけの鑑賞となりますが……。

と、前置きはこれくらいにして、そろそろ編集前記に行きたいと思います。

ではでは、しばらくの期間、新企画『月報制作!』をお楽しみください!



編集前記
はてさて、紆余曲折経て立ち上がった企画『月報制作!』ですが、
作る際に僕たちが掲げたモットーは

“神々しい月報”(かみがみしいと読む……)を作り上げること
です。

今回の企画で作られた月報。果たしてこのモットーを達成できているのかどうか。
それは是非読者の皆さんにご判断いただきたいと思います。

さて、本月報は読者の皆さんに楽しんでいただくために二つの部を用意しました。
一つが「団体戦の部」、もう一つが「個人戦の部」です。

「団体戦の部」では、“GWに読みたかった本”として各々にお気に入りの本を一冊紹介してもらっています。
また「個人戦の部」の方は自由作文とし、各担当の人に十分に個性を発揮した企画を立ててもらっています。図書委員会は個性派が多いのでなかなか楽しめるのではないかと思います。

それでは読者の皆様、ごゆっくりご覧下さい。

豆知識 解答編

お久しぶりです。ひつじさんです。
新型インフルエンザが世界で広まってるみたいですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

え、私ですか?
そうですね……。
な、何してたんだろう(汗

まぁ、それはさておき、いつぞや出したままになってる問題の解答をばら撒きたいと思います。

そのいちっ!
「生協で売っている蛍烏賊をてんぷらにするとどうなるでしょう?」
A:なべの周りにてんぷら油が飛び散る。

そのにっ!
「オムライスの“オム”って何が語源?」

A:オムレツの“オム”。
  え?それじゃぁ答えになってない?
  まぁ、フランス語らしいけどね。

その3。
「失血死と出血多量の違いは?」

A:失血死は臓器とかの損傷で血がまわらなくなること。
  出血多量は、血が流れすぎてしまうこと

以上。本当かどうかはあまり自信がないw

次は、図書館月報がでてくる……かも。

それでは、また次の機会まで。


カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
FC2カウンター
プロフィール

rstiob

Author:rstiob
『洛星図書委員会OB日記』へようこそ!
最低月一回は更新していきたいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。