スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書委員会OBの雑談 その1

前文

《雑談》の良さとは、思うに波乱万丈にして荒唐無稽なところにある。
正しい道筋に沿って話しているかと思えば、
時に巡回し、
時に回折し、
時に彷徨し、
時に飛躍する。
《雑談》という場においては、ありとあらゆる制限を受けず、自由である
そこでは文脈なんてものは無意味だし
始まりと終わりも不確定だ。


さて、今回図書委員会OBとして、新しい試みをしてみた。
それはメールでやりとりしている雑談を載せるということだ。
(別に、ブログの更新要員がたりないからとか、ネタがないから、とか
そんな理由で載せるわけでは決してない……そう、決してないのだ!)
メールやり取りゆえに、独特の表現(”>”で引用とそれに対する返信を表す等)が出てきて、
読みにくいと感じることもあるかもしれないが、その点はご了承いただきたい。

ただ、編集仮定で一つ問題に気づいたことがある。
それは、図書委員会の皆様が純情すぎるのか、はたまた別の理由があるか、
とにかく話し方が丁寧なのだ。
これでは、全然雑談っぽくないし、読者もさぞ退屈であろう。
そこで、人生初の(?)試み、N氏を関西弁にすることにした。
この案についてNに話すと、「何でそうなんねん! そんなん許可せえへんからな!」
と、見事な関西弁で答えてくれた。
だが、関西弁案に賛成3(BMIS・ひつじさん・遊人氏)、反対1(N氏)により黙殺させていただくことにした。
残念ながら関西弁案には許可がもらえなかったが、黙殺することには許可をもらえたので、黙殺させていただくことにする。

またもう一つ問題、というよりは《雑談》の性だろうが、
専門知識に対応できていないし、また発言内容が間違っている可能性があるというものだ。
こちらでわかるものはなるべく直していきたいが、
それでも必ず漏れは出る。
であるから、何か間違いにお気づきになった場合は、
是非ともコメントのほうで教えていただきたい。

っと、だいぶ前文が長くなってしまった。
そろそろ《雑談》に入ろう。
今回のテーマは「確率」についてである。
メールの日付を見ると、09年8月13日と書いてある。
そもそも、何故こういう話になったの、正確にはわからない。
たしか、ひつじさんが「確率が全然わからない」と、言ったのがきっかけのような気もするが、定かではない。
だがそんなことはどうでもいいのだ。
《雑談》においては、始まりは不確定なのだから……。




その1 「確立」

本屋さんで立ち読みしてたら見つけた問題
「ある家族には二人の子供がいます。そのうちの一人は男でした。
さて、もう一人の子供が男である確立は?」
ある意味、確率がわかってるかどうか確かめる問題やったりする。



え?
2分の1じゃないの?

それとも、男が生まれる確率と女が生まれる確率は一緒ではないとか?



実は三分の一。
人間は一人一人区別するんやから……
「子供が二人」という条件で
男(兄)女(妹)
男(兄)男(弟)
男(弟)女(姉)
女(姉)女(妹)
があるわけや。(便宜上兄弟姉妹で説明)
で一人が男なのは上3つ。
そのうちもう一人が男なのは三分の一ってなるわけやな。



ごめん、無理。
わけわからんかった。



ていうかやっぱり雑談用スレ作った方が良くないか?
結構話ぶれまくっとるし。
それにあわよくばブログのネタにもなるやろ。



二週間家族以外の人と会話しないと逆に饒舌になりそう。
確率の問題だけど、二通りの解釈があるような気が。

1.あなたは親に来た年賀状を見ます。その中の一枚にこういうのがあるわけです。謹賀新年の文字、今年の干支、その下に定型文、家族の名前。光と薫というきょうだいの名前を何の気なしに見る(男女は分からない……よね?)。その時はそれでお終い。で、二年後くらいに弟(いるとしてください)が見慣れない服を着てると。親に聞いたら誰々さんからもらったよ、といわれるわけです。で、どっちかは男の子なんだな、と思うわけです。

2.その後ひょんなことからあなたは薫君と町で偶然出会うわけです。で、ああ、薫君は男の子なのだなあ、みたいなことを思うわけです。そこで疑問を抱くわけです。すなわち、光君はどっちなのかなあ、みたいな。

1.だったら三分の一だけど、2.だったら二分の一だ(と思う)

で、「片方」「もう片方」という言葉が使われているわけです。これすなわち、二人のうちの特定の一人(1人、ではなく)を指しているといえるのではないか?
原文がそうだったら仕方ないけど、本来なら
二人きょうだいで、男の子が1人以上存在するとき、二人とも男の子である確率
を聞く方が正確だと思う。

というのが、問題を見た瞬間に二分の一と即答した理系の苦しい自己弁護だったりする。



という、理系のコメントも全く違いがわからなかったりする。

実は、雑談=ブログのネタ=更新と関係ある=実はスレ違いではない 的なことを思ったりもする。
…いや、普通に雑談板作った方がいいですよね…。



>遊人さん
それでも三分の一やないか?
薫が服をあげた場合、光は男か女
光が服を挙げた場合、光は男
ってあれ? 三分の二になってしもうた……。
考え直すわ。

>ひつじさん
雑談掲示板同士八日(←面白かったので残す)
雑談掲示板どうしようか?
なんかひつじさんの意見(雑談=ブログのネタ)も最もな気がしてきた……

まあとりあえず今回の確立ネタはそのうち載せるという方向で。



・確率
服をあげたのがだれか、っていう発想はなかった。これだから数Aは嫌いだ。

・雑談
ブログのネタにはならないかもしれないけど、角川スニーカー文庫の『ミステリ・アンソロジーⅣ 殺意の時間割』を購入させていただきました。



って言うかそもそも三分の二っていう答えはあってるんかいな?
何で確立増えたんやろ。
「服をあげたのは男」っていうのが男の方に比重をかけたんかな?






確立の話はここで不意に終わる。
この後は、『ミステリーアンソロジー』やら、
ブログ未発表小説『星霜館』やら『オムレツ』やらの話しに飛躍・彷徨する。
中途半端に終わって、読者としては歯がゆい気持ちだろうが、
これこそが《雑談》の醍醐味である。
というよりどちらかと言えば、前文の比重がやたら大きいことが問題だ……。
次回以降気をつけよう……。



Fin
スポンサーサイト

コミュニケーションって難しい?



お久しぶりです。ひつじさんです。
花粉症の季節になりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

話は変わりますが、コミュニケーションって難しいですよね。
藪から棒に何を言っているんだと言われそうですが、色々ありまして……。
というのも、前回の記事が「全然(図書委員会と)関係ないやん」とNさんに酷評されました。Nさんには、「困った時には全然関係ないことでもいいよ」といわれていたんで、思いっきり関係ないことを書いたんですが……。
どうやら、その言葉を真に受けてはいけなかったらしく、あとで「ちょ~あれはないわ~」とにらまれる始末。
言葉を真に受けるだけでなく、時には空気を読むことも大事ですよね。

みなさんもお気をつけ下さい。

……これも関係ないって言えば関係ない……いや、気にしない、気にしない。
ではでは、これで失礼します。

あけましておめでとうございます。

OBブログを見てくださっているみなさん、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

おひさしぶりです、ひつじさんです。
寒い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今日は、完全な私事ですが、初詣に行った今宮神社について書きたいと思います。
今宮神社は、平安時代にその起源があるそうです。
都に流行る疫病や災厄を祓うために行なわれた御霊会の一つ、紫野御霊会が今宮祭の原型という事で、1000年以上の歴史がある神社のようです。

元旦にはたくさんの人で賑わったそうで、周りの道路が渋滞するほどだったそうですが、1月7日にもなると、参拝客もほとんどなく、静かな雰囲気でした。
本殿にむかってお祈りしたあと、絵馬を見てみると……

「けいおん! 第2期が成功しますように」

なんのことかさっぱりわからない方のために説明しますと、今宮神社は、昨年の4月から放送されたアニメ「けいおん!」の舞台になった事で、ファンの中では有名になりました。丁度、「けいおん!」の続編の製作が発表されたということで、ファンの間で話題になっていたのですが……。

ファンの中には、イラスト入りの絵馬を作った人もいて、「けいおん!」関係の絵が書かれた絵馬が22枚もありました。中でも、人気なのは、澪(6枚)とあずにゃん(5枚)でした……。

イラストは無いものの、「けいおん!」を意識した絵馬がかなりの数にのぼりました。
数えようとしましたが、多すぎて断念しましたorz

疫病を鎮めてくれる神様らしいので、新型インフルエンザが少しでも収まっていただけると、ありがたいです。
以上、何が言いたいのかさっぱりわかんない記事でした。

参考 http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/index.html

雑記

おひさしぶりです、ひつじさんです。
少しずつ木々が色づき始めていますが、皆様はいかがおすごしでしょうか。

今回、N氏に「雑談書いて。2000字以上で」と無茶な要求を振られました。
色々とやってみたものの、「そんな時間はない」ということで、800字に値切るのに成功したわけですが……。
あと、650字以上書かないといけない計算になります。

というわけで、ちょっと変なことを書いてみる事にします。

皆様は、GATTウルグアイラウンドというのをご存知でしょうか?
日本が牛肉・オレンジの輸入自由化をすることになった交渉です。
なんでも、1988年に解決して、1991年4月から自由化されたそうです。

つい最近の地理の時間。
授業中に解いた問題に、こんな問題がありました。
りんご・さくらんぼ・みかん(オレンジを含む)・ぶどうの4つに関して輸入量と国内生産量が、1960年くらいから2000年くらいまでの統計がグラフになっています。
その中からりんごに当てはまるグラフを選びなさい。
という問題でした。

しかし、りんごの統計を覚えているわけがない。
当然、消去法で絞っていってそれっぽいものを選ぶわけですが……。
さくらんぼはまあ、わかりやすい。
重さが軽い分、明らかに生産量が少ないですから。
そしてぶどう。
これも重さで考えれば何となくできる。
残ったのが、りんごとみかん。
ここで、みかん(オレンジを含む)に注目。
オレンジの輸入自由化が1991年からなら、当然、みかんの輸入量がそこから増えている筈……。

「これであっているだろう」と自信満々で解説を聞いたところ、
みかんとりんごが逆だったんです。
何故か、りんごのグラフでは輸入量が91年から増えているのに対し、みかんのグラフでは変化なしという……。
どういうことか、社会科の先生3人に質問するも、芳しい回答が得られないままです。
みかんの輸入量が減ってきている一方で、オレンジがその分増えたからトータルでは変わらないということなんでしょうか?

というか、輸入物のみかんっていうのもあんまり聞かないな……。

ということで、何か知ってる人がいたら、教えて下さい。お願いします。

丁度いい感じに文字が埋まってきたので、今日はこれで失礼します。

参考 http://www.jikkyo.co.jp/jikkyocenter/2008/pages/gensha_honshi_kaisetsu.html

~個人戦~ 古典は干からびた化石なのか

~個人戦の部~
古典は干からびた化石なのか
プルタルコス『倫理論集』(岩波文庫)をダシにして



こういうホンの名前を見たら普通は敬遠しますよね。
り、倫理……。もうちょっと良い題名が欲しいところ。
しかも書いたのは古代ギリシア人……。何の役に立つんだよ……。
しかし古典というものは、長い歳月の間『保存するに値する』と思われ、印刷機もない中、恐ろしいぐらいの時間をかけて写本までして伝えられてきた書物です。
 
そう思って少しページをめくってみると、そこにあるのは現代に生きる我々も舌を巻かんばかりの鋭い人間観察の数々。
たまに学校や塾に名講師というものがいて、違う意味で夢見がちな生徒の心をぐっと引きつけてくれるのですが、それにも劣らないすばらしい講義がページの中で展開されます。
敵から上手く自分の利益を得るにはどうするか、追従者と真の友達をどう見分けるか、おしゃべりや知りたがりの人がどう思われるか、人から憎まれずに自分を褒めるにはどうすればいいか、怒ったらどういう顔をするか、今更親にも友達にも聞けない事ばかり。

しかもその内容も、最近の学問と違って、現実への即戦力になるというスグレモノ。
プルタルコスはその驚くべき学識と経験をフル活用してこれらを描き出します。
様々な逸話を取り上げ、聞く者の考えを刺激していきます。
そして最後に彼は敢えて答えは言わない訳です。
しかしこの講義を受けた人間の頭の中にはその答えがうっすらと浮かんでくる訳です。
古典だからと食わず嫌いで敬遠していては大損なこの講義集、自分の好きな話題を拾って読んで行ってみてはいかがでしょう。
古典への「常識」が一変すること請負です。


(岩村)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
プロフィール

rstiob

Author:rstiob
『洛星図書委員会OB日記』へようこそ!
最低月一回は更新していきたいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。